By | April 25, 2022

米国の連邦政府は、連邦と地方の両方のアドバイスを提供し、農業産業に特に焦点を当てることを支援できるという特別な場所を持っています。 これは、すべての事業活動に関する理論的な意味でのアドバイスとガイダンスの両方に適用され、特定の意味では、農業および農業業界の専用領域に適用されます。

農業安全衛生センターは、国​​立労働安全衛生研究所の概要の下にあります。 農場の健康と安全は大きな問題であり、この政府機関は、農業を含む全国レベルでのすべての職場の負傷の防止に関する研究と政策に焦点を合わせています。

農業安全衛生センターはこの作業をさらに一歩進め、地理的に非常に広い地域ではありますが、より地域レベルで支援を提供しています。 ワシントン、カリフォルニア、コロラド、テキサス、ケンタッキー、ニューヨーク、オハイオに拠点を置くセンターのいくつか。

他にもいくつかのセンターがあり、必要に応じて、それらの作業をさらに下請けに出すこともできます。 その目的は、よりローカライズされた情報を提供し、地理的に支援できるようにすることであり、各センターはこれを行う特定の方法を決定する場合があります。

彼らの主な役割は、彼らが拠点を置く場所の広い地域を考慮に入れ、それによって地域に関係する特定の問題に焦点を当てることができる安全教育プログラムを提供することです。

それらは、連邦と地方の両方の経験と政策を組み合わせることができ、より具体的には地域の地方を対象としているため、優れたリソースです。

National Children’s Center for Rural and Agricultural Health and Safetyは専用のセンターであり、その名前が示すように、子供との関係で農場の安全を提供することに焦点を当てています。

他の多くの産業とは異なり、農業での子供や若者の利用は依然として本当に良いことであり、安全な環境で若者に貴重な経験を提供し、休日の仕事を提供し、多くの場合ライフスタイルやコミュニティの経験を提供します。

農場で働く多くの若者も、農場を所有する家族の一員として、またはそこで働く家族の一員として、そこに住んでいます。

いずれにせよ、必ずしも他の事業に当てはまらない方法で、職場の安全の観点から子供や若者を保護するための最善の方法に特別な焦点を当てる必要があることは認識されています。

この機関はそれを監督し、子供や若者が成長し、安全かつ適切な方法で仕事の性質に関与できるようにするフレームワークの開発を試みています。

米国消費者生産安全委員会は、業界内のすべての製品の安全性に関して、消費者が信頼できる基準を設定することに重点を置いている規制機関です。

この機関は、これを達成するために農民や農産物の生産者と緊密に協力しようとしています。 消費者が購入する製品に安心感を与えることは、すべての人の利益になります。これは、農業および農業業界にとって継続的な課題となる可能性があります。

言及する価値のある他の主要な政府機関は環境保護庁です。 この機関は、環境のすべての領域、特に米国の空気、水、天然資源を保護するという幅広い任務を負っています。

この機関は、農薬および大気汚染と水質汚染に適用される法規制を監督および実施する責任があります。

これらの規制が遵守されない場合、重い罰金が科せられる可能性があり、多くの農場や農業企業にとって、すべての商慣行が現在の法律に準拠していることを確認することは大きな課題となる可能性があります。

EPAは、純粋に政府法を執行する警官であると考えるべきではありません。

また、特定の環境や地域に適用される法律や規制についてのヘルプやアドバイスを提供したり、農家に責任を果たすための最善の方法についてアドバイスしたりするための非常に効果的なリソースにもなります。

空中または水上を問わず、あらゆる種類の汚染に対処することは、業界で働くすべての人の責任であり、理想的な世界では遵守したいと思うでしょう。

ビジネス上のプレッシャーは、多くの場合、それを回避することを期待して人々が近道をとることにつながる可能性があります。 うまくいけばまれですが、これは悲しいことに起こります。 これらすべての政府機関が、全国のすべての農場と農業慣行を支援および規制するために、集合的かつ協調的な方法で機能することが重要です。